はじめてにカンパイDiary

このページをシェア

専門家に聞いてみよう!

月齢 2ヵ月頃

気持ちよくて赤ちゃんもニコニコ!?
ベビーマッサージでスキンシップ

生後2ヵ月頃になると、笑顔を見せ始め、表情がぐっと豊かになります。今回は妊婦さんや赤ちゃん向けの向けのセミナー講師を多数務める助産師の浅井貴子さんに、ママと赤ちゃんのスキンシップをはかるベビーマッサージ方法を紹介していただきました。あやし方のバリエーションとしても役立ちますし、ママの気分転換にもなりますよ。

浅井貴子さん

All About「育児」ガイド。日本コンディショニング協会(NCA)トレーナー。新生児訪問指導歴約30年以上のキャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。ベビーマッサージや妊婦さん向けのセミナーの講師を多数務める。

ベビーマッサージって
どんなメリットがあるの?

いろいろな方法があるのでメリットについては一概には言えませんが、短期的・長期的な観点から見て両方に効果があります。
ベビーマッサージはオイルをつけて行うのが一般的ですが、それによる肌の保湿効果は見逃せないでしょう。また、赤ちゃんの体を動かして筋肉マッサージをすることで寝つきにいい影響が出たり、血流がよくなり免疫力が上がるというのも考えられますね。短期的な役割としては、便秘解消やガスが出やすくなるといった効果も期待できます。

【いつ頃から始めるのがいい?】
1ヵ月検診を過ぎて、お医者さんから承諾をもらえたら、いつから始めてもOKです。一般的に週に2,3回程度行うと夜泣きに効果があると言われていますが、ママがやりたいときにやればいいんです。毎日やりたければそれでもいいし、週末のどちらかでも構いません。

いざ実践!
ベビーマッサージのやり方

ここでは、2ヵ月くらいの赤ちゃんを対象にしたベビーマッサージを紹介します。
説明文を読みながら行うのは難しいと思います。「そ〜と、な~か♪」など、イラストに書かれたかけ声を歌うように唱えると、そのうち上手にできるようになりますよ。

  • 1.太ももの付け根から足先に向かって、側面から左右交互に手を動かします。

  • 2.足の両側面を両手ではさみ、左右に足をほぐします。

  • 3.両手をお尻の下に入れて、内側から外側へクルクルと円を描きながらマッサージをします。

  • 4.おなかの上でゆっくりと時計回りの円を描きます

  • 5.両手を胸の中央に置き、そこからそれぞれの手に向けて流れるようにマッサージします。

  • 6.チーチーパーと両腕を開いたり閉じたりしましょう。

  • 7.うつぶせにして、両肩に手をかけるようにして背中から手先までをなでましょう。

  • 8.長いワンストロークの動きで、肩から足へなでおろしましょう。

【準備するものは?】
国立成育医療研究センターの研究では、3歳までは乾燥の有無に関わらず、保湿剤を塗ったほうがいいと言われています。しっかり肌を保湿することで、食物アレルギーやアレルギー、アトピーの予防にもなります。
その場合は、100%天然の植物オイルを選ぶようにしましょう。ホホバオイルやスクワランオイル、アーモンドオイル、グレープシードオイル、セサミオイルが一般的です。オイルは赤ちゃん用のものなら何を使っても構いませんが、合成したもの、添加物が入ったものは肌によくありません。ものによってはまれにアレルギー症状が出る場合がありますので、必ず使う前にパッチテストを行うようにしましょう。オイルと乳液、どちらがいいかという質問を受けることがあります。乳液は7割が水分なので、マッサージをしている間に冷えてしまう可能性も。ですから、冷え性の子はできるだけオイルを選びましょう。油分を控えたい夏場は、適宜ローションを使うなどして調整してください。

ベビーマッサージをおこなう際の
注意点

肌が弱い子は、摩擦熱を軽減するためにたっぷりオイルを使ってください。保湿剤を塗っている状態でしたら、やさしくなでるだけで効果があります。ベビーマッサージは自己流でも構いません。でも、どの程度の力加減が適切なのか分からないと悩まれる方が多いようですね。自己流でやるのが不安な時は、お家の近くの教室を探して参加すると先生が教えてくれますよ。

【ベビーマッサージの長期的な効果とは?】
触れば触るほど、赤ちゃんのことがよく分かるし、赤ちゃんとママとの距離が縮まります。また、ベビーマッサージをしてあげると、子どもの自己肯定感が上がることが期待できます。「私は愛されている」「私は必要とされて産まれてきた」と皮膚の記憶で残り、そのことが心を強くしていきます。
子どもは本来3歳まではママとべったりそばにいたいと思うものですが、今の時代は働くママも多いので物理的に難しい場合もありますよね。だからこそ、短い時間でも毎日触ってスキンシップをとることは必要だと思います。幼児になっても、さらには小学生になっても効果がありますから、ぜひ"キッズマッサージ"として続けてあげてください。

ママもパパも、赤ちゃんとの
コミュニケーションを大切に

「ママやパパにたくさん触れられたという皮膚の記憶は大きくなってからもずっと残るもの。愛されているという実感につながります」と浅井さん。毎日触れていると子どもの体調変化にも気づきやすくなりますから、無理のない範囲でベビーマッサージを取り入れてみてくださいね。

グリコ「幼児のみもの」は、味覚形成期にふさわしいよう、全ラインナップ無香料を実現。ひとりひとりの成長に、安心のおいしさをお届けします。

飲みはじめ時期*3 6ヵ月頃〜

飲みはじめ時期*3 1歳頃〜

*1:1日あたり緑黄色野菜摂取目標量は、1~2歳60g、3~5歳80gとされています(女子栄養大学「四郡点数法」による)。

*2:ビタミンCの1日の摂取基準「日本人の食事摂取基準(2015年度版による)」●6~11ヵ月 40mg(目安量)●1~2歳 35mg(推奨量)●3~5歳 40mg(推奨量)

*3:飲みはじめ時期は目安です。お子さまの成長に合わせてどうぞ。

グリコ「幼児のみもの」全ラインナップはこちら

Page top

このページをシェア